娘と初めての桐生が岡動物園|小春日和におでかけ

4月の上旬、やっと春を感じられる陽気になりました。生後5カ月になった娘と、初めての動物園にお出かけです。

桐生が岡動物園(群馬県桐生市)

現地に着くと、週末で天気も良かったので、駐車場が大混雑していました。入口に一番近い駐車場には停められず、数百メートル離れた駐車場にやっと停めることができました。

駐車場から動物園までは急な坂になっているので、ベビーカーを押して登りましたが、それが結構辛かったです。

桐生が岡動物園は入園無料

桐生が岡動物園の魅力は入園無料なところです。無料では規模もそれなりなのでは?と思いましたが、そんなことはなく、動物の種類も豊富で、園内には小規模な水族館まであります。

出店も少しありましたが、シートを広げるスペースや、備え付けのテーブルや椅子もあるので、お弁当を持ってでかけるのもいいなと思いました。

プレママにもおすすめ

初めての子どもで、まだお出かけにはなれていないこともあり、オムツ変えできる場所があるかな、と不安な点もありました。

しかし、園内は授乳や、オムツ変えで利用できる設備も整っており、ベビーカーでもゆっくり回れるよう、通路も整備されていました。ただ、ベビーカーにおいては、山の中にある動物園のため、急な斜面も所々あります。園内は問題なくても、離れた場所の駐車場ですと、少し大変かもしれません。園内はベビーカーより抱っこひもを使用しているご家族が多いように感じました。

初めて動物をみる娘

娘は動物をみるのは初めてで、「なんだこれ」というように不思議そうに見つめていました。檻の中で暴れまわる猿にびっくりして突然泣き出しました。

後半は疲れてしまったようで、ベビーカーの中でぐっすり眠っていました。これもいい思い出です。今はまだ記憶はないかもしれませんが、また少し大きくなってから連れてきてあげたいと思います。成長するにつれて、娘がどんな反応をするのかとても楽しみです。

ここは動物園だけじゃない!

桐生が岡動物園は、道路を挟んだ反対側には遊園地が併設されています。こちらも入園は無料ですが、遊具に乗るためにはいくらかかかります。今回はまだ娘も小さいので、利用はしませんでしたが、幼稚園生くらいになれば動物園も遊園地も両方楽しめるかなと思いました。

瀬戸内海国立公園友ヶ島にいってきた!ゆったり旅行

先日、彼と和歌山県和歌山市にある瀬戸内海国立公園友ヶ島へお出かけしました。家から和歌山市和歌山市友ヶ島まで高速道路を利用して3時間程でした。

朝の6時半に起き、お弁当を作って彼と8時過ぎ頃に出発しました。高速道路は少しだけ混んでいましたが、向かう高速道路から見える山々の景色がとても美しく楽しくドライブを楽しみながら退屈せずに向かうことができました。

高速道路を降りてから約30分ほど車で行くと和歌山県和歌山市加太港に着きます。加太港はとても穏やかな時間が流れている感じで、釣りなどをしている人もいました。加太港に着き運航チケットを買いにいきます。

チケットは大人往復2000円小人往復1000円です。私は船の出発時間まで20分程あったのですが、海辺を歩いたりとすごく楽しく待つことができました。

詳細(http://www.city.wakayama.wakayama.jp/kankou/kankouspot/1001203/index.html

船は少し大きめでとても新しく綺麗でトイレも付いていました。屋内にある座席と外にも座席があり、50人程の人が座っていました。30人程の人が立っていました。私も立っていました。

船の乗船時間は20分程で立っていても全く疲れませんでした。海を眺めながら風を感じてとても気持ちよかったです。私的には立つことをオススメします。そして、友ヶ島へ着くと乗船前に配られる友ヶ島マップを持って歩きました。

ハイキングコースと自然散策コース


ハイキングコースと自然散策コースがありますが、私はハイキングコースを歩きました。ハイキングコースも3時間半ぐらいかかり、友ヶ島を存分に楽しめました。

楽しめたのも感じたし、昔にここで砲台があって、ここでの出来事のこともきちんと学べました。野奈浦広場では海をみながらお弁当を食べました。

のんびりとした海を見ながらたべるお弁当は最高でした。友ヶ島には友ヶ島内に楽しめるスポットが沢山あるので、あっちこっち行かなくても友ヶ島内だけで充分満足できます。

ずっと歩いているだけで身体もポカポカして思わず上着を脱いでしまうほどです。そして、友ヶ島からの帰りの船は最終便で16時半まであるので、思う存分楽しむことができます。そして、帰りの船から海を眺めながら友ヶ島がだんだんと小さくなって行く姿をみるのも最高でした。日頃感じられない、ゆっくりとした時間を過ごせました。

色んな鳥たちと触れ合える魅惑の鳥カフェ!パロットカフェ

昨今、鳥カフェが都内にも増えてきていますが、ガラス越しに眺めるだけであったり、触れ合いはまた別料金であったりというカフェが多い中、小田急相模原駅にあるパロットカフェはなんと一時間1,000円で色んな鳥達と触れ合いし放題という鳥好きにはたまらない鳥カフェなのです!
今回はこの魅惑のパロットカフェについてご紹介したいと思います。

パロットカフェの基本情報


http://parocafe219.com/
所在地:神奈川県相模原市南区相模台2-1-9 ラーク相模台1F
最寄り駅は 小田急線相模原駅で、北口を出てゆっくり歩いて大体10分ほどの場所にあります。
営業時間:火曜日と水曜日が定休日のほか、13:00〜20:00で最終入店は19時です。
料金:一時間につき大人は1,000円、子供は500円(小学生以下は無料)とリーズナブルな金額です。

また、サービスで缶ジュースなどが選べます。
その他のサービス内容として、フン避けのマントや手を保護する為のグローブなども無料でレンタルできます。
大型の鳥などもいるので、グローブのレンタルがあるというのはかなり嬉しいです。

どんな鳥達がいるの?

一番小さい子で文鳥やオーソドックスなセキセイインコ達がたくさんいます。
中型の鳥だとウロコインコやオカメインコなどメジャーな子達もいれば、オキナインコなど通好みの鳥もいるのでまさに選り取り見取りです。

大型の鳥はおしゃべり上手で有名なヨウムや目を引くルリコンゴウ、憧れる方も多いタイハクオウムなど触れ合いがいのある鳥もいました。

また、鳥に詳しくない方でも知っている人の多い九官鳥もいるので、子供から大人まで色んな年代の人が楽しめる鳥カフェです。

まだまだ他にも色んな鳥達がいるので、きっとお気に入りの鳥が見つかると思います。

鳥だけでなく、お客様同士でも賑わっているパロットカフェ

パロットカフェの印象ですが、友人同士やご夫婦またはカップルでいらっしゃる方も多いようにお見受けしました。

その為、鳥達はもちろんのこと、皆さんお目当ての子と写真を撮ったり、肩に乗せたりと楽しそうに過ごしている方ばかりです。

また、オーナー様もとても気さくな方で入店説明の際に、鳥達のことをとても丁寧に紹介してくれます。

もし途中で鳥の名前が解らなくなっても、店内に写真と名前が書かれた自己紹介があるので安心です。

しかしながらギンバト二羽に関しては見た目がそっくりなので、どちらがどちらなのか解らなくなることもあります。

パロットカフェに行きたくなったなら

鳥好きにたまらないカフェということもあり、時間帯によっては混雑していることもあります。
その為、行く前に一度お電話で混雑状況を確認しておくと良いかもしれません。
また、鳥達が室内を自由に行動できるようになっているので、当日は多少汚れてもかまわない服装がおすすめです。
思いきり鳥達と触れ合いたいという方は是非パロットカフェに足を運んでみてくださいね。

浅草の花やしきに行きました。


花やしき 東京都台東区浅草

初めて浅草の花やしきに息子と2人で行ってきました。

思いつきで行ったので割引券などがなかったので結構出費した感じです。
フリーパス2人分で4000円ちょっと。

せっかくフリーパスを買ったからと手当たり次第乗るつもりでした。
ところが、運が悪かったようで、小学生の団体がいくつも遠足で来ていてどのアトラクションもかなり並びました。
最初に乗ったのがディスク・オーという回転しながらバイキングのように横にも揺れるタイプのアトラクションで、私も息子もかなり気持ち悪くなってしまいました。

昔はジェットコースターも何回も乗るくらい絶叫マシンが大好きだったのですが、歳のせいか怖いとはあまり思わなかったのですが、頭がガンガン痛くなったり胸がムカムカしたりと気分が悪くなってしまって最初から参り気味でしたが、気を取り直して少し楽そうなアトラクションを乗り続けてみました。

どこも大混雑

どこも大混雑で並んでいるだけで時間が過ぎて行く感じでした。
遊園地は息子が1歳の誕生日にディズニーランドに行ったきり10年近く行っていなかったので、行列に並ぶという感覚は本当に久しぶりでした。
花やしきですらそう思うのですから、ディズニーランドや大きな遊園地にはもう行けないかもしれません。
そんな私をよそに息子はかなり楽しんでいました。
ローラーコースターは結局1度しか乗れませんでしたが、かなり楽しかったようです。
私も回転系のアトラクションではなかったので思ったより普通に乗れました。

閉園1時間前くらいになるとさすがに小学生の団体はいなくなっていました。
私は普通にお昼の時間くらいにお腹が空いていたのですが、息子は全然平気で乗り物に乗りたいからとほとんど何も食べず…。
私はかなりお腹が空いていたので、持参していたチョコや飴を口にしながらしのぎました。

アトラクションに並んでいる間に他の人たちが食べていたロングサイズのフライドポテトがものすごく美味しそうだったので、息子をなんとかなだめて休憩を取り、そのロングサイズのフライドポテトを食べたのですが…。
思っていたより美味しいとは思えなくてちょっとガッカリでした。塩気が全くなくて、ケチャップもすぐ無くなってしまったので味のないポテトを食べ終わるのが結構大変だったです。

その後も閉園間際まで遊んだ息子はかなり満足したようだったので行ったのは良かったかなと思います。
息子と遊園地に行けるのは学校が休みな時しか来られないので混雑するの仕方ないですね。
気分悪くなったり疲れもしましたが、久しぶりに息子と遠出デートできて私も楽しかったです。